電気ブランは、浅草の「神谷バー」で明治14年に登場以来ずっと変わらない味。それにしても、電気ブランという名前は実にユーモアがあります。「ブラン」はブランデーベース。それにワインやジンやベルモットをブレンドしたお酒。「電気」は、呑口がビリビリとしびれるからだって。明治当時の感覚なんだなぁ。別にしびれないけどね・・。なかなか珍しい酒です。ファンも多くて、うちの店でも愛飲してるお客さんがけっこう多い。昔も今も、酒飲みは変わらないね。ちなみに昔は45度。今は30度と40度の二種類。ほんのりと甘味のあるなんとも言えぬ味わいです。いつでも飲めますよ。